機関紙「いわて労連 2014年 2月号      

 

「すべての労働者の賃上げを!」と訴える金野議長

●2014新春宣伝/すべての労働者の賃上げを勝ち取ろう!/守ろう憲法と平和、めざそう被災者本位の復興、たたかいとろう大幅賃上げ、許すな雇用・くらし破壊の暴走政治●春闘共闘年次総会/とめよう暴走政治!!●大熊座●2014年新春旗びらき/悪政とのたたかいスタート!!●岩手県農協労組50周年記念講演・レセプション/未来を切り開く団結と共同を広げよう!/じっくり学習/レセプションを盛大に開催●【春闘グラフ】/たたかいとろう!大幅賃上げ!!くらし壊す消費税増税は中止を!!●いわて労連第47回評議員会/「時間額120円以上、月額1万6千円以上」春闘方針確立!●LU山田分会・NPO大雪りばぁねっと不当労働行為事件・速やかに団交に応じよ●安倍首相の靖国参拝に抗議!●秘密保護法は廃案に!緊急昼デモ●「国公東北ブロック春闘討論集会」開催・賃下げ違憲訴訟勝利めざして!●NEWS フラッシュ/盛岡建設労組定期大会/春闘両磐地区共闘会議年次総会/イレブンアクション/消費税廃止街頭宣伝/LU・YU合同県民署名行動/6・9行動/シンポジウム『自治体の諸課題と憲法』●主 張/14春闘で、大幅賃上げをたたかいとろう!●めも・あーつ 152/沖縄を返せ 沖縄の空と海を沖縄に返せ/映画「ひまわり」●川 柳



 

 


 


1面


2014新春宣伝
 すべての労働者の賃上げを勝ち取ろう!
   守ろう憲法と平和、めざそう被災者本位の復興、
    たたかいとろう大幅賃上げ、
     許すな雇用・くらし破壊の暴走政治


 いわて労連、盛岡労連、春闘共闘は1月7日、県庁、公会堂前で2014年の闘いの始まりを告げる新春宣伝を行いました。
 今春闘では、「全ての労働者の賃上げこそ不況克服のカギ」の世論をおこし、職場・地域で要求を掲げて決起しましょう。
 いわて労連金野耕治議長は、出勤途上の労働者に向けて「今春闘では、安倍政権の暴走にストップをかけ、すべての労働者の大幅賃上げを勝ち取ろう!」と訴えました。
 続いて、県国公・岩崎事務局長、医労連・中野委員長、生協労組・高橋委員長、自治労連・渡辺書記長、農協労組・村田書記長、盛岡労連・佐々木議長が宣伝カーの上で次々とマイクを握りリレートークを行いました。
 リレートークでは国公違憲賃下げと社保庁分限免職処分取り消し訴訟の取り組み、医師・看護師増員、復興に向けて奮闘する公務労働者の労働条件の改善、TPP交渉からの撤退、労働相談の実態、最賃の引き上げなどそれぞれの要求や取り組みを訴えました。
 新春宣伝には、25人が参加し、マイナス7度の冷え込み中、身を引き締めながら元気よく800セットのチラシとティッシュを出勤する労働者に配布しました。

春闘共闘年次総会 とめよう暴走政治!!


 2014年国民春闘岩手県共闘会議は1月10日、教育会館第一会議室で年次総会を開催して、2014年春闘方針と新しい体制を確立しました。41人が参加しました。
 金野議長のあいさつに続き、全労連・根本隆副議長が来賓あいさつ。安倍政権を「復古主義と新自由主義の矛盾的統一」と特徴づけ、「秘密保護法反対の運動で広がった共同をさらに大きく広げて、暴走政治ストップ、大幅賃上げをたたかいとろう」と呼びかけました。続いて、綾部法律事務所の上山信一弁護士を講師に「とめよう暴走政治〜STOP!雇用破壊のアベ『雇用改革』」と題して記念講演が行われました。上山氏は、限定正社員制度や労働時間法制見直し、労働者派遣法改悪など、安倍政権の狙う「雇用改革」について「これまで違法とされてきたことが合法化される。ブラック企業の合法化」として、労働者の連帯を強めて反対の声を広げようと呼びかけました。また、集団的自衛権行使の解釈改憲、秘密保護法や共謀罪の危険な狙いを告発し、共同の運動を広げてたたかうことを呼びかけました。
 年次総会では、東日本大震災からの被災者本位の復興、大幅な賃金引き上げなどを柱とする春闘方針と役員体制が提案され、満場一致で採択されました。

大熊座


 まだまだ寒い日が続いていますが皆さん風邪など引いていませんか。わが家の窓際に水栽培のアボカドの種から出てきた緑色の茎や葉がちょこんと立っています。もともと熱帯果樹なので大木にして実を付けることは無理ですが観葉植物にはうってつけです。暖かい春よ早く来い▼新年早々、沖縄県名護市長選挙で「陸にも海にも米軍新基地はつくらせない」と訴えた稲嶺進市長の圧勝といううれしいニュースが平和を願う全国の人々の胸に飛び込んできました。札束でほおをたたくような政府・自民党の浅ましさ。それに対し「お金で心は売らないぞ」と勇気をもってたたかった沖縄県民・名護市民。民意は明確です。日米両政府は辺野古への新基地建設を断念するとともに普天間基地を無条件撤去すべきです。米軍基地がある限り、日本がアメリカの戦争に巻き込まれる危険性はなくなりません。そして米軍による凶悪犯罪や米軍機墜落事故もなくなりません。2月22日から3月7日までフォーラム盛岡で上映される映画「ひまわり」を一人でも多く、特に高校・大学生など青年の皆さんに観て頂きたい。まず真実を知ることから始めましょう▼昨年秋の臨時国会で安倍内閣は、多くの国民の反対を押し切って「特定秘密保護法」を成立させました。国民の自由と権利と平和を脅かし、戦争できる国づくりへと突き進んでいます。安倍内閣の暴走政治をストップさせるため、2月8日に岩手県教育会館で開催される県民集会を大成功させましょう(こ)


2面


2014年新春旗びらき
 悪政とのたたかいスタート!!
 

 1月10日、サンビル7階大ホールでいわて労連、盛岡労連、春闘共闘主催の新春旗開きが行われ、友好団体、組合員など150人が参加しました。
 今年のオープニングコンサートは、シンガーソングライターのきたがわてつさんが「日本国憲法前文」などを熱唱しました。
 金野耕治県春闘共闘議長が主催者あいさつを行い、全労連根本隆副議長、知事代理の寺本樹生雇用対策・労働室長、日本共産党岩手県委員会菅原則勝委員長が来賓を代表してあいさつしました。
 共闘団体による鏡開きが行われ、救援・復興岩手県民会議鈴木露通事務局長の乾杯のあと、歓談に移りました。
 第3部の司会は西映子女性部長と武田彩青年部長が着ぐるみを着て登場。歓談の合間に争議組合紹介として、「雇用を守れ、不当な賃下げを撤回せよ」と闘っている県国公、いわてローカルユニオン洋野CC分会、同山田分会のたたかいの紹介があり、岩手県勤労者スキー協議会より被災地支援として取り組む「春休み子どもスキー」カンパの訴えがありました。
 アトラクションは毎年おなじみのファニーフェイスのバンド演奏のあと、きたがわてつさんと労働者合同合唱団が登場し、最後は会場全体で「頑張ろう」を歌い、金野議長のガンバロー三唱で旗開きはお開きとなりました。

岩手県農協労組50周年記念講演・レセプション
 未来を切り開く団結と共同を広げよう!


 1963年1月27日に結成された岩手県農協労組は50周年を迎え、1月17日に繋温泉のホテルにて結成50周年学習講演会とレセプションを開催しました。
 

●じっくり学習
 学習の部では、全農協労連の国分博文書記長が「未来に向けて新たな一歩を」と題して記念講演を行いました。
 国分書記長は、農協労組結成前の職場の状況にふれながら、当時の農協労働者が団結することで働く者の権利を自覚し、仲間の要求を瞳のように大切にして賃上げや労働条件を向上させてきた歴史を報告しました。
 続いて、TPP交渉参加や労働法制改悪など、安倍内閣の暴走の一つ一つが国民の怒りを買い、支持基盤を失っていることを事例で報告し、たたかえば要求が実現する情勢を迎えていると述べました。
 最後に、農協労働者の未来を切り開くために、要求にもとづく団結の輪を広げ、地域で食と農業を守る共同を広げようと呼びかけました。

●レセプションを盛大に開催
 レセプションには約80人が出席。農協労組の歴代県本部委員長・専従役員や全農協労連・いわて労連加盟単産・単組などの代表が来賓として出席し、祝辞を述べました。
 いわて労連からは金野議長が出席し、岩手県が「保守的な農村部の変化」として注視した農協労組結成当初の取り組みを紹介しながら祝辞を述べました。
 和やかな懇談の後、全員で輪になって「がんばろう」合唱、齋藤委員長の音頭でガンバロー三唱で閉会しました。

【春闘グラフ】
たたかいとろう!大幅賃上げ!!
 くらし壊す消費税増税は中止を!!

 労働者・国民への低賃金・負担増の押しつけで、大企業は内部留保など儲けをため込んできました。今春闘のたたかいで大幅賃上げを勝ち取ろう!
10年間賃金が下がり続けているのは 「先進国」 では日本だけ!


3面


いわて労連第47回評議員会
 「時間額120円以上、月額1万6千円以上」 春闘方針確立!


 1月26日、岩手自治会館でいわて労連第47回評議員会が開かれ、春闘方針などを決定しました。
 来賓あいさつを憲法改悪反対岩手県共同センター代表・佐々木良博弁護士と日本共産党・斉藤信県会議員が行いました。佐々木弁護士は「秘密保護法が施行されれば国会が空洞化しかねない。集団的自衛権容認も狙われている。このまま、進めば、今年度中にアメリカと共に戦争をする国になりかねない。秘密保護法を許さないたたかいに全力をあげよう」と述べました。
 第1号議案2014年度運動の中間報告と2014年国民春闘方針及び今後の取り組みについて、第2号議案会計の中間報告が提案され、満場一致で採択されました。討論では19人が発言、医労連の伊藤進評議員は、「賃上げ要求額を昨秋の要求アンケート結果に基づいて月額4万円とした」と報告がありました。
 役員選挙が行われ、退任に伴う福祉労組推薦の幹事、女性部と青年部の幹事、会計監査が選出されました。
 すべての労働者・県民に共闘を呼びかける春闘宣言が採択されました。
選出役員
幹事 柴田雄司(福祉労組)
     遠藤美紀(女性部)
     菊池 誠(青年部)
会計監査 
         小笠原浩次(ローカルユニオン)

LU山田分会・NPO大雪りばぁねっと

 不当労働行為事件 速やかに団交に応じよ


 昨年3月、NPO法人大雪りばぁねっとの元従業員で結成した、いわてローカルユニオン山田分会は、倒産の真相の説明と謝罪などを求めて団体交渉の申し入れを行いました。
 しかし、法人が団交に一切応じないことから5月31日、岩手県労働委員会へ不当労働行為(団交拒否)の救済申請を行い、1月15日に「団体交渉に速やかに応じること」とする命令書が交付されました。
 同日、いわて労連、ローカルユニオンは、岩手県庁の県政記者クラブで記者会見を行いました。記者会見でローカルユニオン平井委員長は、「命令の内容が組合の主張を全面的に認めるもので、労働委員会の審問を通して、法人に正当性が無いことが明らかになった。引き続き真相の説明と謝罪を強く求めて行く」と話しました。

安倍首相の靖国参拝に抗議!


 憲法改悪反対県共同センターとオスプレイ配備撤回・訓練中止を求める県連絡会は、12月27日、盛岡市大通り野村證券前で、安倍首相の靖国神社参拝に抗議する緊急街頭宣伝行動に取り組み、30分で200枚のビラを配布しました。
 金野議長は、靖国神社は日本の侵略戦争を肯定・美化している施設であり、安倍内閣の進める「戦争できる国づくり」の一環であると抗議しました。

秘密保護法は廃案に! 緊急昼デモ


 憲法改悪反対県共同センターとオスプレイの配備撤回・低空飛行訓練中止を求める県連絡会は1月21日、 合同の相談会を開き、 「秘密保護法廃止を求める県連絡会」 を結成し、 通常国会が開催される24日に 「盛岡緊急昼デモ」 を行いました。
 昼デモには、 64人が参加し、 「秘密保護法は廃案にせよ!戦争できる国にするな!」 などシュプレヒコールをあげ市内をデモ行進しました。


「国公東北ブロック春闘討論集会」 開催
 賃下げ違憲訴訟勝利めざして!


 1月13、14日の両日、盛岡市つなぎ温泉で、国公労連東北ブロック主催による春闘討論集会が開催されました。全労連東北地協金野耕治副議長(いわて労連議長)を来賓に、東北6県から94名の組合員が参加し、春闘勝利に向けて意思統一を行いました。
 1日目、全体集会では、冒頭、国公賃下げ違憲訴訟弁護団・山添拓弁護士による同訴訟の今後の展望について基調講演が行われ、勝訴判決への確信を新たにし、引き続く国公労連本部からの情勢報告では、今春闘期の賃金要求案(月額2万3千円)と人事院の示す「給与制度の総合的見直し」の解説を中心に国公課題について詳細な分析と討論がなされました。国公東北ブロックの春闘方針案は被災者本位の復興を第一にかかげ、地域に根ざした運動を確認しました。
 2日目、4つに別れた分科会では、賃下げ違憲訴訟、地方分権改革・道州制問題、新規採用者の加入拡大、女性組織の発展についてをテーマに、熱心な討議がなされました。
 春闘勝利を目指し、東北の国公労働者は県労連・地域労連に結集して奮闘します!

NEWS フラッシュ
 ●盛岡建設労組定期大会
 1月19日、自治会館で盛岡建設労組第65回定期大会がありました。
 ●春闘両磐地区共闘会議年次総会
 1月16日、一関市で春闘両磐地区共闘会議年次総会が行われました。
 ●イレブンアクション
 1月10日、盛岡市亀ヶ池前で毎月定例の「なくせ原発イレブンアクション」行動が取り組まれました。
 ●消費税廃止街頭宣伝
 1月7日、消費税廃止岩手県各界連絡会は、肴町で今年最初の消費税増税中止署名宣伝行動を行いました。
 ●LU・YU合同県民署名行動
 1月18日、LUとYUは「被災者本位の一日も早い復興を求める岩手県民署名」を呼びかける街頭宣伝を行いました。
 ●6・9行動
 1月6日、盛岡市大通で年明け最初の6・9行動が行われました。
 ●シンポジウム 『自治体の諸課題と憲法』
 1月25日、岩手県憲法を活かす首長の会主催のシンポジウム『自治体の諸課題と憲法』が行われました。

主 張
14春闘で、大幅賃上げをたたかいとろう!


 14春闘がはじまりました。「守ろう憲法と平和、めざそう被災者本位の復興、たたかいとろう大幅賃上げ、許すな雇用・くらし破壊の暴走政治」をスローガンに、すべての職場・地域で国民春闘をたたかいましょう。
 賃金・労働条件の改善と雇用の安定でこそ、デフレ不況から脱却できます。国民春闘岩手県共闘会議、いわて労連は、「時間額120以上、月額1万6千円以上」の賃上げ、最低賃金「時間額1000円以上」などの要求をかかげてたたかいます。
 政府や財界でさえも「賃上げ」を口にせざるを得なくなっていますが、たたかってこそ大幅賃上げは実現できます。また、公務関係では「給与の総合的見直し」として地域間格差をつけるなど、「改悪」の前倒し実施の動きもあります。官民共同して地域からたたかいを起こしていきましょう。 安倍政権の憲法・民主主義破壊、国民生活破壊の大暴走にストップをかけ、憲法を守りいかす、安全・安心社会の実現や、被災者本位の復興に向けた「県民署名」10万筆達成めざして奮闘しましょう。
 2月の地域総行動は2月13〜21日と、例年よりも半月早い設定です。自治体、経営者団体、商工団体への要請や宣伝など、各地域で目に見え、音に聞こえる取り組みを展開して、地域から国民春闘をたたかう姿勢を示しましょう。
 統一回答指定日は3月12日です。統一行動は3月13日を最大の山場と位置付けます。ストライキの配置、職場集会や地域宣伝など、全ての組合員が結集する行動を配置しましょう。4月の消費税増税を前に「重税反対統一行動」も各地域で展開されます。増税中止、社会保障改悪阻止を掲げて、職場からも結集を強めましょう。
 職場・地域の結集で、大幅賃上げをたたかいとろう!

最賃体験運動に参加しましょう


 人間らしく生きることの出来ない最低賃金をアピールしようと、2月1日から3月3日まで最賃体験運動を呼びかけています。1週間コース、半月コースもありますので、最寄りの組合に申し込んで下さい。


4面

めも・あーつ 152
 沖縄を返せ 沖縄の空と海を沖縄に返せ
  映画「ひまわり」 沖縄復帰40年企画作品 監督/及川 善弘


 つい先日の名護市長選。辺野古への新基地建設反対を表明した稲嶺進さんの勝利に、あきらめるのはまだ早いと心底ほっとした。
 1959年4月。遊びに一生懸命な子どもたちの頭上をジェット機が轟音をたてて飛んでいる。そのたびに、まだ戦時中だと信じているおばあは早く隠れろよ≠ニ子どもたちを追いたてていた。
 6月30日火曜日、ミルク給食の嫌いな一平君は教室を抜け出し校庭のブランコに乗っていた。その時、米軍のジェット戦闘機が墜落、炎上しながら宮森小学校へ激突。12名の子どもたち、6名の住民、120名の負傷者を出す大惨事となった。
 負傷しながらも助かった、当時11歳の良太の心の傷深く、53年たった今も癒えることがない。
 孫の琉一と大学のゼミの仲間は、レポートのテーマとして気軽にはじめた沖縄国際大学ヘリ墜落と宮守賞ジェット戦闘機墜落のルポだったが、沖縄の重い歴史と現実に、自らの生き方が問われることになった。
 映画は、ニュース映像を取り入れ、敢えて沖縄の人たちを起用することで、沖縄物語に終わらせない「映画の力」になっている。
 三線の音色、ことばのイントネーション、風習、なかでもカチャーシーを踊る広子ちゃんの儚げな所作の美しさは心を揺さぶる。
 及川善弘監督は青森の出身。「青森には三沢基地があり、沖縄は三沢の比ではないが問題意識の延長線上にあった」と2013年1月の新婦人新聞に思いを載せている。
 犠牲になった広子ちゃんは、ひまわりは沖縄によく似合うね、と言い残し、一平君は、大好きな聡子先生に一本のひまわりを手渡して逝った。
 タイトルの「ひまわり」は悲惨な沖縄戦を通し、大切にされてきた沖縄のことば「命ぬちどぅ宝たから」の象徴なのだ。(久保克子)
 

【上映情報】
2月22日(土)〜3月7日(金)
盛岡フォーラム
(盛岡市大通MOSSビル5階)
 ●上映時間:1日1回10時より(土日のみ12時半からも上映)
 ●特別鑑賞券:一般千円
 ●特別鑑賞券取扱:プレイガイドおでって、フェザン、カワトク、アネックスカワトクの他いわて労連事務局でも取り扱っています。
 ●問合せ:平和憲法・9条を守る岩手の会
 TEL・019―684―2225

川  柳
 
玉砂利が「戦(いくさ)戦(いくさ)」と響く音
                        たけし 

 減額で孫を泣かせるお年玉
                        柳沼利夫

 じじの頭髪(かみ)放射能かと孫が言い
                        野々一枝
 

                 年金者組合盛岡支部